当院のインフルエンザワクチン予防接種回数についての考え方

前の投稿でもお話しさせていただきましたが、インフルエンザワクチン予防接種を推奨する報道がメディアで繰り返しなされております。インフルエンザワクチン自体が全国民にいきわたる量を確保されていないため、ワクチン接種希望者が大幅に増加した場合ワクチン不足が起こる可能性が危惧されます。
当院では一昨年のワクチン不足の際に導入したインフルエンザワクチン予防接種についての考え方を今年も導入しワクチンがなるべく皆様にいきわたるように努めて参ります。ご協力をお願いいたします。
インフルエンザワクチン予防接種の子供に対する回数は諸外国に比べ日本では多く設定されております。
 WHO・米国CDCの推奨回数は6か月~9歳未満:1~2回、9歳以上:すべて1回
(日本では13歳未満は2回接種、年齢に応じ1回に投与する量が異なる)
となっております。当院ではそのことを参照し、9歳以上の方は1回接種のみをお願いしております。ご了承お願いいたします。インフルエンザワクチンの意義はもともとインフルエンザの重症化の予防です。新型コロナウィルス感染症とも異なり、インフルエンザに万が一かかっても複数治療薬も存在します。
本年のインフルエンザワクチン接種が多くの方にいきわたるようご協力をお願いいたします。