新型コロナウィルス感染症に関して、相談センターへの相談の目安について

厚生労働省から新型コロナウィルス感染症についての相談・受診の目安が変更されましたのでお知らせいたします。

帰国者・接触者相談センター(印旛健康福祉部疾病対策課)
電話 043(483)1466(平日9:00~17:00)

土・日・祝日(9:00~17:00)は県庁へ連絡
電話 043(223)2989

夜間(17:15~8:30)は夜間休日コールセンターへ連絡
電話 043(223)2595

相談の目安について
1)まず発熱、強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)があり、新型コロナウィルス感染症を心配したとしても、すぐに病院、診療所を含む医療機関を受診しないようにお願いします。医療機関には持病をお持ちの方が多く受診されており、万が一新型コロナウィルスに感染している場合、重症化しやすい持病をお持ちの方に感染させてしまう恐れがあります。
2)・風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く方
  ・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある方 は上記に電話連絡していただき、指定医療機関の受診の指示を受けてください。
3)・高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患の基礎疾患のある方、透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方、妊娠している方は2)の症状が
   2日以上続く場合は上記に電話連絡していただき、医療機関受診の指示を受けてください。
4)・小児については現時点で重症化しやすいとの報告はありませんので2)の通りの状態であれば上記に電話連絡してください。

新型コロナウィルスであるか否かは、指定医療機関以外では診断することが現状できません。心配だからといって複数の医療機関を受診されてもかえって、不安になる場合もございます。よろしくお願いいたします。