新型コロナワクチン(mRNAワクチン)について(1)

新型コロナウィルス感染症に対するワクチン接種が開始されようとしています。
ワクチンについて様々な報道がなされており、その一部には接種に対して恐怖をあおるものも存在し本当にワクチン接種してよいものかお悩みの方もいらっしゃると思います。
厚生労働省のHPに詳しくワクチンについてのQ&Aが書かれておりますので、詳しくはそちらを参照していただきたいのですが、メディアの報道に左右されず接種をするかしないか(自由に選択できます)皆様に決めていただきたいので私のわかる範囲で簡単に説明させていただきます。

(1)インフルエンザワクチンと新型コロナワクチン(mRNAワクチン)は何が違うのか。
インフルエンザワクチンは不活化ワクチンと言い、新型コロナワクチンとは作り方が全く異なります。インフルエンザワクチンは、有精卵などで増やしたインフルエンザウィルスを回収し、薬でウィルスを壊し、その壊れたウィルス(ウィルスの抜け殻のようなもの)を接種するという方法です。接種されるとその壊れたウィルスを体が異物(自分の体とは異なるもの)と認識します。生きたウィルスが入ってきたとき、体がウィルスの形を覚えていて免疫反応が働くシステムです。そのためインフルエンザにかからない、もしくはかかっても重症化せず軽症で終わることとなります。
一方新型コロナワクチンは少しわかりにくいのですが、代表的なファイザー社のものはmRNAワクチンといいます。mRNAワクチンは、ウィルスそのものではなく、ウィルスの外側のタンパク質(スパイク蛋白)の設計図になります。mRNAワクチンを打つと、その設計図をもとにウィルスの外側のタンパクを自分の体で作ります。できたそのタンパクは異物ですので、それを体が異物と認識します。(mRNAについては(2)で書きます)それ以降の反応はインフルエンザと同じで生きたウィルスが入ってきたとき、その外側のスパイク蛋白を異物と認識し免疫反応が働くわけです。
今回なぜ不活化ワクチンではなく、mRNAワクチンを選んだかの理由は不活化ワクチンが開発、製造に非常に時間がかかるという一点だけだと考えます。緊急でなるべく早くワクチン製造をしなければならないと考えたとき、この選択になったのではと考えています。

(2)mRNAワクチンを接種して人の遺伝情報は変わるのか?
一部のネット情報で、一番恐怖を煽るのがこの部分になります。
RNAって遺伝子でしょ、遺伝子うったら、自分のDNAが変わって自分の遺伝子が組み換えられてしまうのではという不安です。それについてはあり得ないと考えられています。
もともと人は自分のDNAの情報から、必要なタンパクを作るために色々なmRNAを設計図としてコピーし、それをもとにタンパクを作っています。
タンパクの作る元となるmRNAはすぐに壊され、また必要な時にDNAよりmRNAがコピーされます。あくまでmRNAはDNAの情報をコピーしたものだけであり、mRNAからDNAは作られません。
またmRNAはもともと非常に壊れやすくできています。必要な時にすぐ作られてすぐ壊される必要があるからと考えます。
このワクチンが超低温保存(ー70℃)が必要な理由もこのため(常温保存だとすぐ壊れて、ワクチンの機能を果たさない)です。
また安全性の確認を様々な臨床試験で行われています。